日本の風呂は湯の文化

日本の風呂は湯の文化

日本人の風自の使い方もまぎれもなく日本の文化だ。世界に誇れるものだ。

体を清潔にするだけならシャワーでもかまわない。しかし、日本人の風目には目的がいろいろあるのだ。まず風日に入って体をよく温め、血のめぐりをよくし、疲れをとる。風日にゆっくり浸かると、なぜか一日の反省をすることになる。今日はまずかった、と長湯をすると出ても体がほてって熱い。すぐ床に入れないので新聞や本を読んだりする。これは勉強になる。これを毎日、年間三六五日もやっているのだから、その勉強の集積は大変なものだ。風呂の中で、ひょいとアイデアが浮かぶことも多い。日本がここまで経済発展を遂げて豊かな国になったのは、風呂がひと役買っているのかもしれない。

英語には湯という言葉はなく、ホットウォーターという。日本人は水は水、湯は湯と理解している。湯の文化を発明したのだ。

    人気ランキング

  • 管理や運用面で良質なサービスクオリティを誇り、きちんと収益を上げられるように面倒を見てもらえるので安心して任せることができるAirbnb代行の会社を探しているなら独自の運用により平均宿泊稼働率70%を維持できている実績のある会社になりますのでご入用の際には問い合わせてみてください。

Copyright(C) 日本の住文化 All Rights Reserved.