縁側は不思議な空間

縁側は不思議な空間

日本人は昔から、自然を生活に巧みに取り入れてきた。住まいもそうだ。内と外を隔てる壁がないのである。容易に開け閉めできるふすまや障子が一枚あるのみ。障子を開ければ、庭と室内はたちまち一体化してしまう。

これは日本人の自然観を見事に表現している。

その内と外のちょうど中間にある縁側は屋内なのか屋外なのだろうか。あいまいな不思議な空間である。このあいまいさが縁側の大きな持ち味であり、日本人の心をとらえる。

縁側は屋外ともとれるので、人が立ち寄りゃすい。家の中まで招き入れるにははばかられるという場合には、縁側の存在はたいへんありがたい。ラフな社交場でもある。ひなたぼっこ、夕涼み、庭の鑑賞等々、最適の場所だ。日本人の住まいは夏を乗り切るための工夫がなされているが、縁側もその最たるものだ。少し形は変わるが、洋風建築に木製のデッキをつくる家庭が増えたが、あれは縁側の心地よきが忘れられないからだと思う。

    Copyright(C) 日本の住文化 All Rights Reserved.