合理的な障子と引き戸

合理的な障子と引き戸

障子は四季折々の朝夕に、簡素な和の空間にやわらかい光と影をもたらす。陰影のある神秘的な美しさは心を和ませる。住宅分野における世界最大の発明ではないか。

美しさだけではない。障子には湿度調節作用がある。木と同様に呼吸しているのだ。室外から侵入しようとするチリや挨を吸い取る空気ろ過作用もある。

紫外線をシャットアウトもする。そのうえ断熱にもなっている。障子は人に快適な環境を与えてくれるのだ。

そして障子はふすまと同じように引き戸の形式で、部屋の間仕切りをしている。引き戸は自由空間をつくりゃすい間仕切りであり、ドアのように開聞に伴うスペースを必要としないのがいい。全開、半聞きなど開け方も自由自在だ。

障子もふすまも引き戸も世界に誇れる日本人の美意識の産物だ。

この美意識をこれからも住まいに息づかせていきたい。そして世界に向けて日本人の美意識をアピールしたい。

秋から春まで、初夏から夏を過しやすく工夫している。障子をはずしヨシズに替え、外の風をとり入れ、日差しは遮る。ふすまもスダレと取り替え風通しを良くし、見た目にも涼しくしている。さらに二聞の聞の敷居、鴨居、欄聞を取りはずすと、二聞はひとつの部屋になるようにできている。日本人の知恵である。

    Copyright(C) 日本の住文化 All Rights Reserved.